明太子工場見学(味のめんたい福太郎)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2008.6.28 明太子 004.JPG

いきなり大量の明太子の写真ですが、明太子の語源ってご存じですか?


明太子の原材料はスケトウダラの真子です。肉は蒲鉾などに成るそうです。

そのスケトウダラはロシア語で「ミンタイ」といわれ、その子供が「ミンタイコ」、それが訛って「メンタイコ」になったと言われているそうです。


明太子原材料の真子ですが、真子と言えば「魚の卵」全般を指していると認識していました。しかし、厳密に言うと違うようです。

卵は生き物で日ごと成長してやがて孵化します。という事は卵も時期によって状況が変わるので味も変わるそうです。

そこで一番美味しく状況の良い時期の卵を使うそうです。その時期の卵を「真子」というそうです。考えてもみませんでしたが凄い事です。

その真子を獲る漁のチャンスは10日~14日しか無いそうです。

その為、福太郎では北海道近海で獲れた原料の真子を一年分一括仕入れし、鮮度と品質を一定に保っているそうです。原料の真子は細菌検査も行われているそうなので安全です。

社員さんに聞くと、「食品会社として当たり前の事をしているだけです!」って返事が返って来そうな雰囲気でしたが(笑)

2008.6.28 明太子 005.jpg

この写真は丁寧に袋詰め作業をしている風景です。同じ重さにする為にはかなりの経験が必要だそうです。300グラムの詰め合わせなら、155グラムと145グラムを探して入れるって感じの熟練の作業です。沢山ある明太子の中からこんな感じのペアーを見つけるって凄いです。

明太子は切る訳にはいきません。味は変わらないでしょうが商品価値が下がります。個人的には切り刻まれた明太子でも、崩れた明太子でも味は同じなので気にしませんけどね~

 

【福太郎関連記事】

明太子工場見学(味のめんたい福太郎) 試食

ワイン明太子 試食感想

「めんたい味さんま煮」 福太郎 試食

「めんたいウインナー」 福太郎試食

福岡の名産「明太子」を贅沢に使ってみました。

 
【福太郎通販】

福太郎公式通販ショップ

楽天市場で福太郎商品を探す

 

【味のめんたい福太郎 工場見学】

株式会社 山口油屋福太郎
福岡市南区五十川1丁目1-1 
TEL(092)482-0001

・毎週月曜日から金曜日
・AM10:00~PM12:00 PM13:00~15:00
・見学時間30分~50分
・見学人数は10名以上、要予約ですが、少人数でも相談してみてください。


【味のめんたい福太郎 売店】

味のめんたい福太郎 本社売店
福岡市南区五十川1-1-1(駐車場あり)
営業時間 8:00~18:30 ※日曜祝日及び盆正月9:00~18:00
定休日 1月1日

このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    トラックバック(0)

    このブログ記事を参照しているブログ一覧: 明太子工場見学(味のめんたい福太郎)

    このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fukuoka-hotel.net/mt/mt-tb.cgi/155

    コメントする

    はじめに

    リンク

    スポンサード リンク

    このブログ記事について

    このページは、福岡のおっさんが2008年7月 1日 13:15に書いたブログ記事です。

    ひとつ前のブログ記事は「24時間居酒屋「YURURI(ゆるり)」 福岡市中央区薬院」です。

    次のブログ記事は「明太子工場見学(味のめんたい福太郎) 試食」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。