博多雑煮に欠かせない「かつお菜」を、福岡出身者へお土産にすると喜ばれる。

| | コメント(0) | トラックバック(0)
かつお菜.jpg

大きくて瑞々しい新鮮な「かつお菜」を買ってきました。写真写りが悪くて残念です・・・・・


「かつお菜」は博多雑煮に欠かせない野菜です。師走の風物詩。というか、福岡では冬に成ると其処ら中で頻繁に見かける野菜です。そして年末に近付くにつれて値段が高騰します。


そんな事は福岡では常識ですが、関東などでは「かつお菜」は売られていないのですよね。



そんな事情を知ったのはいつの事だったかなぁ。知って10年経っていない気がします。



「かつお菜」を雑煮に入れるのは福岡と福岡周辺だけ。福岡県から離れた場所では入手困難な野菜。という事を知った時には驚きました。



人気番組「秘密のケンミンSHOW」でよくある光景。


「コレを食べるのはこの辺の人達ですよ!」


「えぇ~~」


と一緒の反応をした覚えが有ります。



ちょっと不思議な「かつお菜」に付いて



冒頭にも書きましたが。「かつお菜」は福岡では雑煮に欠かせない野菜です。入ってないと雑煮じゃない。と言っても過言では無い食材です。



それ程までにこだわる食材ですが、雑煮以外では殆ど食べた記憶が無いのも不思議です。


お浸しなどで食べる家庭もある様ですが、雑煮以外の昔の記憶は無いですね。


最近、我が家では水炊きなどの鍋料理に入れて食べる様に成りましたが、鍋に入れる家庭も少ないと思います。



「かつお菜」の名前の由来は。かつお菜を入れると出汁が良くでる。カツオ節が要らないほど出汁が出る。などから来ているそうです。


ただし。カツオの味がする訳では有りません。


表記に関しては「かつお菜」「カツオ菜」「勝男菜」「鰹菜」など有り、「勝男菜」=縁起物。だから正月の雑煮に入る。という図式もあるそうです。



「かつお菜」を調べると情報が少ない事にも少々驚きました。あのウィキペディアにさえ有りません。


「かつお菜」は栄養豊富で福岡県の特産野菜。消費拡大とブランド化を目指す。という農業関連のPDF資料を見付けました。「かつお菜」の成分などに付いては最も分かり易いと思います。注目すべき栄養分も多く驚きました。



年末値段が高騰するので早めに買って茹でて冷凍が賢い



かつお菜は年末に近付けば近付くほど値段が高騰します。特に寒さが厳しく雪が降ったりすると本当に高く成ります。


今日買った1袋3枚入りのかつお菜は100円でしたが、お店の方は3倍ぐらいの値段に成るかも知れないとおっしゃっていました。



安い時期に買って、直ぐに茹でて冷凍する。最近ではこの方法が常識に成って来た様です。



福岡から遠く離れた地区に住む福岡出身者にお土産に持って行くと喜ばれます。



転勤で福岡を離れて初めて「かつお菜」が手に入らない事を知りショックを受けた人も多い様です。


関東など福岡から遠く離れた地区に住む福岡出身者に「かつお菜」を持って行ったり送ると喜ばれます。実際に親類へのお土産にしたり送ったりした事が何度か有ります。


正月前で無いと喜ばれそうにないのが残念では有りますが(笑)


因みに。楽天市場のおおつる青果というお店で買う事も出来ます。結構なお値段ですが・・・・





このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    トラックバック(0)

    このブログ記事を参照しているブログ一覧: 博多雑煮に欠かせない「かつお菜」を、福岡出身者へお土産にすると喜ばれる。

    このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fukuoka-hotel.net/mt/mt-tb.cgi/855

    コメントする

    はじめに

    リンク

    スポンサード リンク

    このブログ記事について

    このページは、福岡のおっさんが2012年12月10日 11:53に書いたブログ記事です。

    ひとつ前のブログ記事は「最近見た時期外れの生物たち。」です。

    次のブログ記事は「福岡空港限定の「ひよ子のお菓子」をお土産に買った。」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。