福岡在住の管理人による福岡のホテルとホテル周辺の紹介

志賀海神社

志賀海神社  福岡市東区志賀島877

志賀海神社の写真 志賀海神社の入口写真
志賀海神社は古来から玄海灘に臨む海上交通の要所である志賀島の総鎮守として鎮座し、海洋の神「底津綿津見神」「仲津綿津見神」「表津綿津見神」の三神を祀った神社です。底・仲・表は海の底、海の中、海の表の意味で、海にまつわる全ての事をお参りできる神社だという事です。


古くは(1800年前とか2000年前とかの太古の昔でハッキリしないそうです)志賀島の北側、勝馬地区に「沖津宮」「中津宮」「表津宮(うわつぐう)」があり、「表津宮」の移転後に志賀海神社が興ったそうです。沖津宮、中津宮は志賀海神社の摂社として今も勝馬地区に鎮座しています。「表津宮」は跡地は残っている様ですが、鳥居などは存在しない様です。


国指定重要文化財の「朝鮮製鍍金鐘」、県指定文化財の「細形銅剣鋳型」を所蔵し、境内には「石造宝篋印塔」があり、本殿の右手には鹿の角を約1万本納めた「鹿角堂」があります。

志賀海神社では身を清める為に「お潮井」が置かれています。志賀海神社での正しい参拝法が書かれてました「御砂を体の左・右・左と振り、身を清め二拝、二拍手、一拝にてご拝礼下さい」という事だそうです。

万葉歌碑(志賀島1号碑)の写真 志賀海神社のお潮井
境内に向かう途中には「航海の難所、宗像市鐘崎の岬を過ぎても、海路の無事をお願いした志賀の神様の事は忘れません」という内容の万葉歌碑(志賀島1号歌碑)が有ります。志賀島から奈良に向かう当時の役人が詠んだ歌だそうです。


4月15日、11月15日の山ほめ祭で「君が代」の神楽が奉納される、1月中旬に歩射祭が行われます。志賀海神社は「君が代」の誕生に関係が有るという説や、三韓征伐の神功皇后にまつわる話、古代の有力氏族「阿曇氏」の事や志賀海神社との繋がりなど興味深い浪漫を感じます。案内板などを読むと、日本書紀や古事記などに興味を持つ切っ掛けに成りそうです。



志賀海神社へのアクセス

志賀島の渡船場から北に徒歩約6・7分ぐらいで志賀海神社の入口に着きます。県道542号線(金印街道)沿いに広い駐車場があります。



志賀海神社関連

沖津宮 ・中津宮



志賀島のスポット

潮見展望台 | 蒙古塚 | 火焔塚 | 休暇村志賀島 | しかのしま資料館



施設周辺ホテル

IKEA福岡新宮周辺ホテル | 福岡インター(IC)周辺ホテル | 福岡和白病院周辺ホテル



周辺ピックアップホテル

ザ・ルイガンズ. | 休暇村「志賀島」 | 亀の井ホテル 福岡和白店 | 志賀島のホテル


LINEで送る

PAGETOP
Copyright © 福岡ホテル.net All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.